人気セサミン製品を評価&比較
メインイメージ

セサミンには二日酔いを抑える効果がある?

人間の体内にある肝臓という臓器は、様々な役割を担っています。
栄養素を合成したり分解したりすることや、栄養素を貯蔵しておく場所でもあります。
コレステロールを生成する臓器でもあるのです。
そして、体内の有害物質の解毒を行うのも肝臓です。
この肝臓で行われている役割の手助けをするのが、セサミンなのです。
セサミンがもたらす効果は様々ありますが、その中に二日酔いを抑える効果があります。
昔からゴマ料理を食べながら飲酒をすることで、二日酔いをしないということが言われてきています。
これは、ゴマに含まれているセサミンがあるからこそなのです。
アルコールは肝臓にあまりよくない飲み物です。
セサミンは体内に吸収されたのちに初めて効果を発揮する物質で、体の中でも 肝臓に届いてから初めて効果を存分に発揮するのです。
アルコールを大量に摂取すると肝機能に損傷をおわせるのですが、そのアルコールの分解を助ける役割をセサミンはします。
昔からお酒を飲む前にゴマを摂取すると悪酔いをしないといわれてきました。
その他のセサミンの主な効果についてはこちらに紹介されています。
昔の人は、化学的に証明される前から、ゴマに二日酔いの予防効果があるということに気が付いていたのです。
このアルコールというのは、体内に摂取されると「アセトアルデヒド」という成分が作られます。
この時 水と炭酸ガス(二酸化炭素)も発生するのですが、この2つは体外にすぐに排出されるのですが、
「アセトアルデヒド」のみはなかなか分解されず、体内に残ってしまいます。
この「アセトアルデヒド」が体内で悪さをしてしまい、それが二日酔いの原因になります。
このセサミンを摂取してからアルコールを飲んだ場合と、飲まずにアルコールを飲んだ場合を比較した実験がすでに行われており、
セサミンを摂取してからアルコールを飲んだ場合には、体内に残留したアルコール濃度が低かったという結果が出ています。
更には、アルコールを摂取した後にセサミンを摂取すると、体内に残ったアルコール濃度を下げる速度が速かったという結果も出ています。
セサミンには、アルコールの分解をスムーズに行う効果があることが実証されています。
摂取量を守らないと危険なことがあるようです。
詳しくは、セサミンの大量摂取には注意が必要というサイトをご覧ください。

トップに戻る