人気セサミン製品を評価&比較
メインイメージ

セサミンが持つ抗酸化作用の役割

ゴマのサプリメントといえば「セサミン」です。
この成分はゴマリグナンという強い抗酸化作用が特徴です。
そのため、老化防止やアンチエイジング効果が高いと言われています。
また、抗酸化作用はこの他に生活習慣病や肝機能の向上にも効果をもたらします。

このように、幅広い効果を持つセサミンですが特筆すべきは「抗酸化力」です。
セサミンがもつ抗酸化力は非常に強く肝臓まで届きます。
肝臓まで唯一届く成分はセサミンだけです。
老化を進行させる活性酸素は肝臓で生成される事が多く、この成分が持つ抗酸化作用は肝臓で生成された活性酸素を除去する働きを持っています。

またアルコールを効率的に分解する働きを有しています。
アルコールを過剰摂取すると翌日2日酔いで悩まされる方も少なくありません。
アルコールは肝臓で分解されます。
その際にアセドアルデヒド(脱水素酵素)と呼ばれる成分が発生します。
セサミンは体内に摂り込まれたアルコールとこのアセドアルデヒドの働きを活性化させ効率よく分解させる働きを持っています。
肝臓での分解能力は大きく個人差がありますが、セサミンを摂取する事で通常の分解速度より分解能力が高まります。

また、セサミンが持つ抗酸化力を高める場合にはセサミンと相性の良いビタミンEを合わせて摂取する事で相乗効果を得る事ができます。
どちらも高い抗酸化力を持ち合わせていますが、効果を現す場所が異なります。

セサミンは肝機能や内臓系ですがビタミンEは血管や細胞となります。
この2つの栄養素を補う事で全身に抗酸化力が行き渡り身体に良い循環を招く事へと繋がります。

トップに戻る