ゴマだけではダメ生活習慣病予防肝機能を高める老化防止効果

セサミンには老化防止効果がある?


人間の体の老化は、活性酸素によって引き起こされる酸化を防ぐことによって防止することが出来るといわれています。
では、どうしたらこの酸化を防ぐことが出来るのでしょう。

人間のからだには本来「酵素パワー」と呼ばれる活性酸素を取り除く力が備わっています。
が、しかしこの「酵素パワー」は年齢を重ねるとともにどんどんと力は衰えていくといわれ、40歳を過ぎたころからこのパワーは急激に低下するのです。
ですから、40歳を過ぎるころには活性酸素を体内の酵素パワーだけで取り除くことが不可能になってしまいますから、
自力で活性酸素を取り除くことが不可能となります。
ですから、抗酸化作用のある物質を体外から取り込む必要性があるのです。

体外から抗酸化作用のある食品を摂取することにより、老化の加速を緩めることもできます。
更には、この酵素パワーの代わりになるものを体外から取り込むことによって、生活習慣病を引き起こす原因や、女性であれば更年期障害を引き起こす要因を、
抑えてあげることも可能なのです。

この抗酸化物質を含んでいる食品がゴマであり、このゴマの中に含まれているセサミンという物質なのです。
セサミンには老化防止作用のほかにも、肝臓に直接届く物質として注目を集めている物質なのです。

セサミンは体の中の代謝をよくしてくれますので、抗酸化作用によって老化スピードを落とし、アンチエイジング効果がある物質として注目を集めています。
そんなセサミンの気を付けたい摂取方法がかいてありますので参考にしてください。

どのようなことが、活性酸素を発生させる原因となるのでしょうか。

ストレスや、飲みすぎ、食べ過ぎなども、この活性酸素を引き起こす原因になるといわれています。
電磁波(パソコンや電子レンジなど)も、要因の一つに挙げることが出来ます。
現代の生活習慣のなかでは、上記に挙げたような生活習慣病にかかりやすい要因は沢山あります。

私たちは常にストレスを抱えてしまう世の中に生きているわけです。

体外から抗酸化物質を摂取するように心がけ、低下し続けてしまう酵素パワーの代わりになる抗酸化物質を摂取して、
活性酸素の防止を心がけていれば、老化防止効果になるというわけです。
また、セサミンは発毛効果も期待できるそうです。